EU RoHS指令

EU RoHS指令2011/65/EUおよびEU 2015/863は、均質材料レベルで特定の閾値を超える10種類の物質および物質グループの使用を制限しています。また、特定のコンポーネントおよび/または特定の製品用途での制限物質の使用についても、一定の免除が認められています。

これらの特定の適用除外は、2011/65 / EU指令の付録IIIおよび付録IVに記載されています。サプライヤーは、適用除外がコンポーネント、部品、材料、または製品に自動的に適用されるとは想定せず、サプライチェーン担当者を通じて必要なEU RoHS適用除外の使用の承認を要求することをお勧めします。適用除外を不適切に適用することは、コンプライアンス違反と見なされ、施行措置やサプライヤーとしての資格を失う可能性があります。

サプライヤーポータルでのEU RoHS指令申告の作成 

関連するキャンペーンEメールを受け取り次第、サプライヤーポータルのランディングページから申告したい要請の「開始」ボタンを選択することにより、未提出の要請に応答できます。

  1. 申告開始前に、要請に応えるために必要な情報や書類を準備し「Get Started(スタート)」をクリックします 。

    mceclip0.png


    このウィンドウからは参照用として Product List(製品リスト)Substance List(科学物質リスト)をダウンロードすることができます。これらのファイルはExcel形式でダウンロードされます。

  2. メインページの右側にあるResources(リソース)から、規制の詳細および利用可能なリソースを確認することができます:

    mceclip1.png


  3. チェックボックスを使用して申告したい製品(複数可)を選択し「Declare for Selected(選択した製品を申告する)」をクリックしてください:

    mceclip2.png


    個々の製品ごとに申告するか、左側の全ての製品を一括で申告する方を選択することもできます。より多くの製品を表示するには、表の右下にあるドロップダウンメニューを開き、ページあたりの製品数(20,40,60、または500)を選択することができます。

  4. 次のページで「Product Details (製品の詳細)」セクションを確認することができます。

    mceclip5.png

  5. 申告のプロセスをスピードアップするため、既にIPC-1752A XMLファイルをお持ちの場合は「Upload File(ファイルのアップロード)」をクリックしてください。

  6. File Explorer(ファイルエクスプローラ)」ウィンドウを開いてファイルを参照し、貴社のリソース内からXMLファイルを添付し、「Open(開く)」をクリックします。

    有効な IPC-1752A XMLをアップロードすることで、以下の対応するセクションにXMLに含まれるデータが入力されます。マニュアル申告を続けるには、手順の8番に進んでください。

  7. マニュアル申告を続けるには、「Next(次へ)」をクリックしてProduct Statements(製品ステートメント)」を開きます。

  8. 対象の製品の申告ステートメントを選択し「Next(次へ)」クリックしてください。

    mceclip4.png

    免除が適応される製品を申告する場合は、ドロップダウンリストから免除事項(複数可)を選択してください。

    mceclip6.png


  9. 「Supporting Documents (裏付け書類)」セクション内の「Upload(アップロード)」をクリックします。

  10. File Explorer(ファイルエクスプローラ)」ウィンドウを開いてファイルを参照し、ファイルを添付し「Open(開く)」クリックします。

  11. ドロップダウンリストから添付するファイルの「File type(ファイルタイプ)」を選択します。

    mceclip7.png

    一度アップロードした書類を削除するには、 “x”をクリックします。ファイルは複数アップロードすることができます。

  12. 裏付け資料をアップロードしたら、「Next(次へ)」をクリックします。

  13. Substances(物質)」のセクションより「Add Substance(物質を追加)」をクリックします。

    mceclip8.png


  14. Add Substance(物質追加)」ペインを開き、赤でマークされた必須情報を入力して右下の「Add(追加)」をクリックします。

    mceclip9.png


    貴社が任意の情報を入力することで、クライアントはより詳細なデータを集めることができます。また、提出を完了する前に、ここに入力された情報を削除または編集することができます。

  15. 上記で免除を宣言した場合は、ドロップダウンリストから該当する「Exemption(適用除外)」を選択します。

    選択された適用除外は、宣言された物質と一致しなければなりません。例えば、「鉛/鉛化合物」が存在すると宣言した場合、選択された免除は鉛でなければなりません。

  16. 物質の追加を完了するには、「Add(追加)」をクリックします

  17. 物質の添加が完了したら、表に入力した情報を全て確認してください。

    mceclip10.png

  18. すべての化学物質に対しこのプロセスを繰り返し、マニュアル申告を行ってください。終えたら「Next(次へ)」をクリックしてください。

  19. Review(レビュー)」セクションにて、申告する準備が整っていることをシステムが通知します。

    貴社のクライアントからリクエストがあった場合は、このセクションにコメントを記載する必要があるかもしれません。 

  20. Submit(提出)」をクリックして終了し、メインページに戻ります。

  21. 必要に応じて、残りの部分の申告処理を繰り返し、「Done(完了)」をクリックして申告書を提出します。

  22. 申告の概要ページで詳細を確認し、「Continue(続行)」をクリックして終了します。

    mceclip11.png

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

コメント