反人身売買・奴隷制度 (HTS) コンプライアンス調査

反奴隷制度および人身売買防止法について

貴社がお取引先(顧客)から、反奴隷制度と人身売買のリスクテンプレート(STRT)のコンプライアンス調査のリクエストを受け取っても、懸念する必要は全くありません。これはあくまでも貴社のお取引先が実行しなければならないデューデリジェンスの一環であり、貴社の行動を非難するものでは一切ありません。

貴社のお取引先がこの調査を依頼するのは何故か?

貴社のお取引先は、貿易円滑化及び貿易執行法(TFTEA)、英国現代奴隷法(セクション54ーサプライチェーンの透明性)、オーストラリア現代奴隷法、および人身売買との闘いに関する米国連邦調達規則の最終規則 (52.222-50) などの複数の反奴隷制、および人身売買に関する法律及び規制の対象である、またはその影響を受けるために、貴社にSTRTの記入を完了するコンプライアンス調査のご協力を要請しています。顧客がサプライチェーンでデューデリジェンスを実施する上で、貴社の協力が不可欠となっております。何卒ご協力のほどをよろしくお願い申し上げます。

貴社はこの調査の要請に応じる必要はあるのでしょうか?

貴社のお取引先からの情報提供の要請を拒否する場合、米国市場へのアクセス、大規模な買い手機関や企業との契約、株主及び事業を行うコミュニティの信頼維持に今後影響が出る可能性があります。同時に、お取引先との今後の事業活動の終了理由になりかねませんことをご理解ください。

貴社に求められていることは何か?

貴社に求められていることは、反奴隷制度と人身売買のリスクテンプレート(STRT)を完了し、サポート書類を提出していただくことです。STRTは、貴社が行っている反奴隷制と人身売買のリスクの管理を理解している組織内の担当者が記入する必要があります。多くの場合、組織の対応は複数の部門にまたがるため、担当するのは人事部、法務部、調達部、企業責任、企業業務など、複数のグループからの入力を必要とする場合があります。

この調査の焦点は何ですか?

このコンプライアンス調査の焦点は、奴隷制及び人身売買のリスクに対する組織のエクスポージャーと、そのようなリスクが存在する場合に、組織がこのリスクをどのように管理しているかを評価することです。貴社のお取引先は、このデータを使用して、今後のデューデリジェンスアクションを通知していきます。STRTは、社会的責任アライアンスによって設計され、奴隷制と人身売買に関する企業間の継続的な改善の旅路を開始し、および加速していきます。STRTは、www.sraglobal.org. からダウンロードできる無料の標準テンプレートです。


何か他にご不明な点がございましたら、+1-855-724-7015までお電話いただくか、compliancesupport@assentcompliance.comまでメールでお問い合わせくださいませ(日本語可)。

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

コメント