EU包装規制 申告の承認基準

重要:このガイドラインは、情報の提供を目的としたものであり、法的助言を構成するものではありません。これは包装および包装廃棄物に関する指令94/62 / ECの第11条に記載された物質の存在を開示するための企業への手引きを提供しています 。 

  1. 会社のロゴやレターヘッドを挿入します。
    • 申告/証明書が正式な会社のリリースであることを示す必要があります。
  2. 適切なEU包装規制の法的参照を含みます。 
    • 申告が準拠するために作成されている法律の実際の名称を含める(例: 1994年12月20日付けの欧州議会および理事会指令94/62 / EC、指令2018/852で最後に修正された包装廃棄物)。
      • 他の許容される参考文献:
        • 指令 94/62 / EC。
        • 指令 94/62 / EC(改訂2018/852)
        • EU指令 94/62 / ECおよび改正2018/852
  3. 申告の対象となる包装材料への固有の参照を含めます。
  4. コンプライアンスステータスを宣言します。
    • 宣言には、規制で定義されている物質が一切含有されていないと述べます。
    • 宣言には、規制で定義されている物質が含有されていることを述べます。
      • 含有される場合は、包装材料ごとに準拠されない物質を特定します。
  5. 承認された個人による署名があります。
    • 代表者の氏名、連絡先、および役職を記載する必要があります。
  6. 宣言した日付
    • 申告書が作成から1年以上経ったものである場合、受理されない可能性があります。
この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

コメント