カリフォルニア州法プロポジション65申告要請

プロポジション65の申告要請とは?

プロポジション65とは、カリフォルニア市民、及び州の飲料水の源泉を発がん性、先天異常、またはその他の生殖障害を引き起こすとして知られる有害物質から保護し、またそのような化学物質にさらされているという情報をカリフォルニア州の市民に開示することを目的とする、1986年に制定されたカリフォルニア独自の州法です。

この規制は制限されている有害物質がリスクレベルと認定された場合、製品に適切な警告ラベルを付けることが要求されます。化学物質を含有していない、リスクレベルを下回りラベル張付けの要求がされない場合でも、提供・販売先(クライアント)へ含有の有無を情報開示する義務があります。クライアントは、部品/製品に対し、最終的に警告ラベルを張り付ける義務があるかどうかを判断するために、この情報を要請しています。警告ラベルの目的は、消費者が製品についてラベルを基に意思決定をし、有害物質のばく露から身を守ることを可能にすることです。

カリフォルニアに直接販売をしていなくても、提供・販売先であるクライアントが最終製品に組み込み、カリフォルニアで販売している場合は、調査の対象として情報提供が必要です。

会社の従業員数が10人未満の場合は、部品/製品に警告ラベルを貼る必要はありません。ただし、提案第65号物質に関する情報を顧客に提供する必要があります。

詳細については、以下のリンクをクリックしてください。プロポジション 65とは (英語)および最新の プロポジション65有害物質リスト(英語)をご確認ください。

申告を始めるには?

提供する部品/製品に含まれている化学物質に関する情報が必要になります。自社で部品/製品を製造していない場合は、製造しているサプライヤーへ製品の詳細情報を収集してください。

なぜ申告が必要なのでしょうか?

提供する部品/製品に有害物質が含有しているかどうか、消費者および製造者へ有害物質がばく露する可能性があるかどうか申告する必要があります。有害物質が含まれている場合、どの部品にどの有害物質が含まれているか、およびその化学物質が引き起こす可能性のある危害を記載する必要があります。規程されている化学物質一覧は プロポジション65リスト(英語)をご確認ください。

最終製品に警告ラベルを貼るかどうかを決定するために、この情報を必要としています。

プロポジション65要請の詳細については、サプライヤーヘルプセンター のページをご覧いただくかcompliancesupport@assentcompliance.comまでご連絡ください。

+1-855-724-7015 日本語

+1-877-902-3150 English

+1-855-724-7044 Deutsch

+1-855-724-5211 中文热线

+1-855-724-6196 Français

+1-855-724-6215 Italiano

+1-855-724-1775 Español

+1-855-724-4759 Português

+1-855-724-5210 Polski

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

コメント