サプライヤーポータルからCMRT紛争鉱物報告書を提出する方法

2010年7月21日に米国証券取引委員会(SEC)が、金融規制改革法(ドッド・フランク法)の紛争鉱物条項に基づく実施規則1502条を制定し、紛争鉱物開示規制が施行されることになりました。米国証券取引委員会(SEC)登録企業は紛争鉱物規定を元に、製造された製品の機能性や生産性のために紛争鉱物を使用する必要性があるかどうかを確認、開示しなければなりません。

紛争鉱物には、コンゴ民主共和国(DRC)およびその周辺国[1]の武装勢力の資金源となる3TGという4 種類の鉱物(タンタル、スズ、タングステン、金)が含まれます(総称して「対象国」と知られている)。

[1] 周辺国という用語は、国際的に認識された国境をコンゴ民主共和国と共有する国と定義されており、現在はアンゴラ、ブルンジ、中央アフリカ共和国、コンゴ共和国、ルワンダ、南スーダン、タンザニア、ウガンダおよびザンビアが含まれています

サプライヤーポータルからCMRT紛争鉱物報告書を提出する方法

弊社からのキャンペーンメールが届き次第、申請することができます。

  1. Eメールの中の「Launch Portal(ポータルを開く)」 URLリンクをクリックしてください。

  2. もし紛争鉱物以外の規制のリクエストがある場合は、下記のリクエストセンターのページが開きますので、「Conflict Minerals(紛争鉱物)」モジュールの「Enter(入る)」をクリックしてください。

    japanese.png

  3. 弊社からのキャンペーンメールを受け取ったメールアドレス以外の宛先にCMRT受け取り確認のメールを送りたい場合は、下記のProvide Alternate Email Address(他のメールアドレスを提供する)」のスペースに別のメールアドレスをご記入ください。



  4. Upload CMRT FormCMRTをアップロード)」ボタンをクリックしてください。

  5. File Explorer(ファイルエクスプローラー)」ウィンドウを開いて貴社の製品・部品の情報をご確認の上、完成したCMRTを添付して「Open(開く)」をクリックしてください。

    「Supplier Portal(サプライヤーポータル)」は、申告書の内容から申告範囲の情報を引用するため、もしCMRT が「Product Level(製品レベル)」もしくは 「User Defined(ユーザー定義の申告)」の場合は、下記の製品テーブルが自動的に読み込まれます。



    左手のチェックボックスから申告に該当する製品をお選びになり「Continue(続ける)」をクリックしてください。

  6. CMRTのアップロードが完了した際には、自動的に「Thank You! 」のページに移行します。

    システムよりCMRTの内容の品質を詳細に記した確認メールが自動的に貴社の最初のご連絡先メールアドレスへと送られます。もしアップロードに失敗した場合は、システムより失敗した理由の説明がございますので、内容をご確認ください。



    新たなCMRTをアップロードして、「Re-Upload CMRT Form(CMRTを再びアップロードする)」をクリックしてください。

  7. 成功した場合、CMRT紛争鉱物報告書のご提出は完了となり、ページから離れても問題ございません。

  8. オプションとして、「Compliance Industry Survey(コンプライアンス業界のアンケート)」にお答えいただき、「Finish(終了)」をクリックしてアンケートのご提出にご協力ください。

注意:二つ以上のコンプライアンス規制の申告をされる場合は、「Finish」をクリックすることにより、リクエストセンターに戻ることができます。終了せずに次の規制の申告に移りたい場合は、「Skip」をクリックして次のモジュールをお選びください。

 

この記事は役に立ちましたか?
1人中1人がこの記事が役に立ったと言っています
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

コメント